MENU

TOP PAGE

協会の紹介

運営組織図

主な活動内容

入会案内と会則

News(ハ゛ックナンハ゛ー)

技術研究会

刊行物の販売

協会へのアクセス

to English



会員ページ
会員一覧




あなたは人目の訪問者です。


日本フレキソ技術協会 東京都新宿区早稲田鶴巻町534 印刷出版研究所内
TEL:03‐5155- 7925 FAX:03‐5155‐7930 E-mail:ppi@print-info.co.jp 
 

What's New


◎第108回技術研究会のご案内
 日本フレキソ技術協会の定例行事である技術研究会を3月23日(木)に東京・麹町の東京グリーンパレスで開催します。
 108回目となる今回は、最新のプレート技術やSOMA社のフレキソ印刷機のご紹介の他、環境対応が求められる印刷業界における環境ラベルの活用、そしてフレキソ印刷の事例まで幅広いテーマを予定しています。技術研究会は会員企業はもちろん、会員外でもご参加いただけます。
 多くの皆様のご来場をお待ちしております。


<テーマ&講師>※テーマは課題、変更の場合があります。

・「Cyrel® EASYプレートと最新の熱製版FAST」 13:35~14:20
 講師:デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社
・「SOMA社フレキソ印刷機の紹介」 14:25~15:10
 講師:株式会社イリス
・「グリーン購入における環境ラベルの活用」 15:20~16:05
 講師:富士フイルム株式会社
・「わが社のフレキソ印刷事例」 16:10~17:00
 講師:スーパーバッグ株式会社


技術研究会案内・申込書


◎津田会長が再任 ―第41回定時総会―
 日本フレキソ技術協会の第41回定時総会が12月15日、東京・麹町の東京グリーンパレスで開催され、任期満了に伴う役員改選で津田邦夫会長が再任した。
 津田会長はあいさつで、軟包装分野でのフレキソ印刷の広がりに期待を寄せながら、「今期もフレキソの流れを加速さるための活動を積極的に進めていく」と新年度への意気込みを述べた。
 第41年度は、技術研究会や会報での情報発信のほか、軟包装印刷で必須となるフイルムの知識を高めるべく、外部講師を招聘した『軟包装勉強会』を開催する。
  また、当日は創立40周年記念式典も開催し、来賓、会員など約100名が出席。有田技術士事務所の有田俊雄所長による記念講演会や永年勤続幹事表彰、懇親会が行われ、40年という節目を祝った。



◎第41回定時総会・創立40周年記念式典を12月15日に開催
 日本フレキソ技術協会の第41回定時総会を12月15日に開催いたします。恒例の技術情報交流会として当協会の調査研究委員会による「中国パッケージ印刷物」の調査発表も合わせて行います。
 また、当日は総会後に協会創立40周年記念講演会・記念式典・懇親会も開催いたします。
 詳細は事務局までお問い合わせください。



◎フレキソ・ジャパン2016閉幕
 「フレキソ・ジャパン2016」は盛会裡に閉幕いたしました。延べ1,200名を超える来場者を記録し、フレキソ印刷への高まる期待を感じるイベントとなりました。
 ご来場、ありがとうございました。



◎フレキソ・ジャパン2016 テーブルトップショー出展受付締切
 
フレキソ・ジャパンのテーブルトップショーは、おかげさまをもちまして満小間に達したため、締切前ですが、出展受付を締め切らせていただきます。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。


❉日本フレキソ技術協会の刊行物の販売
FTAJでは、会報バックナンバーならびに「フレキソ・ジャパン2010/2012/2014」のフォーラムで制作したテキストを販売。詳細および申込みは左側メニューの《刊行物の販売》から。
                            

Copyright©2011 Flexographic Technical Association of Japan All Rights Reserved.